たるみ毛穴に効く有効成分とは?化粧品の正しい選び方についてご紹介!

 

たるみ毛穴は開いた毛穴が閉じる力を失い、更に広がって楕円形になってしまった毛穴のこと。
早めに対策を始めないと、さらにたるみが広がり、シワの原因にもなってしまう恐れがあります。
今日はそんなたるみ毛穴を改善するための有効成分について、大きく「エイジング」と「保湿」に焦点を当てて見てみましょう。

 

 

たるみ毛穴に効く有効成分〜エイジングケア成分編〜

 

加齢に伴い美しく若々しい肌を保つための様々な成分が少なくなることで、弾力を失い重力に逆らえなくなった毛穴はどんどん垂れ下がってきます。
たるみ毛穴に影響するエイジングケアの有効成分を見てみましょう。

 

コラーゲン生成をサポートするビタミンC誘導体

コラーゲンは摂取後に一度アミノ酸に分解され、再度腸内でコラーゲンとして生成されるという流れになります。
その際にコラーゲンの生成を助ける成分がビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体がなければコラーゲンを作り出すことが出来ないので、この2つは切っても切り離せない必須の組み合わせです。


乱れたターンオーバーを整えるレチノール

レチノールはビタミンAの正式名称で、肌代謝を上げたりシワやシミ、たるみに効果があることから注目の高い成分です。
刺激が強めなので肌の弱い人には向いていません。
また日光に弱い性質があるので、夜のお肌の手入れ時に使うことが推奨されています。


肌のハリ・弾力をUPするコラーゲン

コラーゲンは肌の弾力を保ったリ、真皮から表皮へ栄養を橋渡しする役割も担う大切な成分です。
コラーゲンは分子が大きく身体に吸収されにくいため、化粧品などには低分子コラーゲンが多く使われています。


抗酸化作用が高いフラーレン

フラーレンには肌を老化させる原因のひとつにもなる活性酸素を除去する働きがあります。
それまでは活性酸素の除去と言えばビタミンCでしたが、フラーレンはビタミンCの約170倍の力があると言われており、また作用時間も長いことから、老化防止の優等生として大いに期待されています。


弾力ある肌へ導くEGF

EGFは「上皮成長因子」というタンパク質で、細胞の成長や老化した肌の再生を促進させる働きがあります。
プラセンタの中にも含まれています。
EGFの発見によりノーベル賞も授与されたほどの優秀な成分です。


 

たるみ毛穴に効く有効成分〜保湿成分編〜

 

肌は表面が乾燥することでキメが粗くなってしまい、同時に毛穴もより開いた状態になってたるんでしまいます。
エアコンが効きすぎている夏はもちろん、寒く乾燥している冬もしっかり保湿をすることで、毛穴のたるみを防ぐことが出来ます。

 

浸透率が高い低分子ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は肌の真皮部分に存在する成分で、ヒアルロン酸1gにつき6リットルの水分を保水することが出来ます。
肌の潤いや弾力を保つ効果があるので、たるみ毛穴をキュッと引き締める役割を果たしてくれます。
基本的にヒアルロン酸は高分子であるため、低分子に加工したヒアルロン酸が有効と言われています。


細胞同士の緩衝材・セラミド

セラミドは表皮の角質層や細胞と細胞の間に存在し、細胞間脂質とも言われています。
細胞間の潤いを保つ役割があるので、肌の張りに大いに影響してきます。
セラミドもヒアルロン酸同様、ナノ化するなどなるべく小さくなった状態のものが入ったスキンケア用品を選ぶようにしましょう。


角質内に含まれる保湿成分・NMF

NMFはアミノ酸の一種で「天然保湿因子」のこと。
水分を取り入れて、その水分をしっかり抱え込んでくれる成分です。
角質層の細胞と細胞の間に存在しています。


 

【たるみ毛穴】化粧品を購入する際チェックしたいポイント

 

エイジングケア成分・保湿成分が含まれているか?

前項でご紹介した、たるみ毛穴の大敵となるエイジングケア成分と保湿成分がしっかり入ったものを選ぶようにしましょう。

 

安全性の高い添加物or無添加製品であるかどうか

購入する際は成分表を良く見て、余計な添加物が入っていないもの、無添加を謳っている製品を選ぶようにしましょう。

 

コスパの良さ(続けやすい価格)

良い商品でも、高価すぎては使い続けることが出来ません。
価格と効果の折り合い点を見つけて、ストレス無く使い続けられる商品かを見極める目が大切です。

 

口コミ上の評判

広告の謳い文句や店員さんのすすめを鵜呑みにせず、必ずサイト上の口コミをチェックしましょう。
中には偽客や関係者の書き込みも紛れているかもしれませんが、数多く読んでいけば、真剣に書いているか否かが見極められるようになります。

 

基本が大切★たるみ毛穴を抑える化粧水の正しい使い方

 

肌は刺激に強くありません。潤わせたい一心でたくさん塗ろうとせず、適量を手に取って少し温めてから、優しくパッティングするように浸透させていきましょう。
指先で伸ばしたり叩き込むのは角質層が傷つくのでNG。
上から優しく押し込むイメージです。
上手に浸透させることが出来たら手のひらに肌が吸い付くようになります。

 

まとめ

いかがでしたか。30代辺りから増えてくるたるみ毛穴は、化粧でもなかなか隠すことができない曲者。
隠すことよりも肌そのものの再生力にスイッチを入れるために、エイジングケアと保湿に効果がある成分を積極的に使っていきましょう。

関連ページ

【気になるたるみ毛穴】原因は年齢肌?具体的な対策について解説!
アラフォー世代の女性が気になるのが「たるみ毛穴」。そんなたるみ毛穴の原因と改善法について徹底解説します。
肌断食でたるみ毛穴を解消!正しい方法で期待できる効果について
肌断食でたるみ毛穴を改善する方法について探っていきます。
【たるみ毛穴】美容皮膚科で受けられるレーザー治療の種類について!
たるみ毛穴をセルフケアするよりも高い効果の得られるレーザー治療の種類や、気になる価格、通院期間の目安についてご紹介します。
クレンジングでたるみ毛穴は改善できる?効果的な成分や使用方法は?
気になるたるみ毛穴はクレンジングで改善ができます。まず成分に注意して正しいクレンジング剤を選ぶことが大切です。そして正しい使用方法でクレンジングすればたるみ毛穴は改善していきます。
たるみ毛穴と開き毛穴の違いは何?【知っておきたい豆知識】
毛穴のたるみと、毛穴の開きの違いは何なのか? 主な原因と、皮膚科でできる対処法について紹介します。
たるみ毛穴を隠せる化粧下地の選び方や正しいメイク方法について
加齢によるトラブルの1つのたるみ毛穴、どうにかして目立たなくしたい!そんな人はベースメイクの土台となる化粧下地を変えてみる必要があります。たるみ毛穴を隠せる化粧下地の選び方と、たるみ毛穴を目立たなくするためのトレーニング方法をご紹介します!
自宅で簡単!たるみ毛穴美容液の手作りレシピ★使い方や注意点は?
たるみ毛穴が目立つことに長年悩み、市販の美容液をいろいろ試してみましたがどれも一長一短でした。そこで、この際たるみ毛穴美容液を自分で作ってみようと思いました。安価で自分好みの配合に調整が利くので、市販の美容液で満足していないあなたにおススメです。
たるみ毛穴に効く化粧品の特徴や配合成分&選び方!
たるみ毛穴の改善のためには、若い頃の毛穴ケアのような引きしめ・洗浄メインのケアでは効果が得られません。たるみ毛穴に合わせた正しいスキンケア方法と、たるみ毛穴に効く化粧品をご紹介します。
たるみ毛穴美容液と合わせて実践したい!かっさマッサージのやり方
たるみ毛穴対策として、今注目されている「かっさマッサージ」について紹介しながら、たるみ毛穴美容液との相乗効果についても紹介していきます。
たるみ毛穴美容液に取り入れたい!プラセンタエキスの効果・使用方法
たるみ毛穴ケアの美容液にプラセンタエキスを取り入れてみませんか?プラセンタがたるみ毛穴にどんな効果があるのか、正しい使用方法や副作用のことなど知りたい情報をいろいろ調べてみました。
たるみ毛穴美容液でアンチエイジング!選びたい成分&要注意成分
たるみ毛穴には、どのような成分が配合されている美容液を使うと効果的なのでしょうか?ここでは、たるみ毛穴美容液で効果的にアンチエイジングをする方法をお伝えします。
たるみ毛穴を改善する食べ物とは?おすすめの栄養素について徹底解説!
たるみ毛穴は加齢による肌の水分量の低下、肌のハリや弾力を保つコラーゲンの減少、老化を加速させる活性酵素などが原因ですが、実は食生活を見直すことで改善できるのです!
たるみ毛穴は皮膚科で治すことが可能?具体的な治療方法について
たるみ毛穴は皮膚科で治せるのか、具体的な治療法はどんなものがあるのか、また、自宅でできる予防・改善法はあるのかなど気になる疑問について調べてみました!
たるみ毛穴は遺伝するの?本当の原因やおすすめの対策について解説!
「たるみ毛穴は遺伝によるものだから仕方ない・・・」と諦めている人も多いのではないでしょうか?そこで、たるみ毛穴の本当の原因を探り、簡単に試せる改善・対策方法を詳しく紹介します!
ホホバオイルがたるみ毛穴を解消!?効果的な使用方法について
ホホバオイルには「たるみ毛穴」を解消する効果があるってご存知ですか?ホホバオイルの効果的な使用方法についても解説します。

このページの先頭へ戻る